基本構想 [平成13年度~平成22年度]

【雲南地区ふるさと市町村圏計画 基本理念】
ゆうきの里 雲南 ~旬を感じ、生命を育む~

旬を感じることのできる豊かな自然の中、伝統技術と健康を支えるおいしい農産物を育んできた雲南において、それぞれの市町が持ち味を生かしながら有機的に連携し、ここに住む人々が誇りを持ってゆとりの暮らしを実感できる、人間性豊かな新しい生活の舞台を築き上げていく。

【”ゆうき”の意味】

有機 各市町と雲南全体の有機的関係、身体に安全な有機農業
有季 季節の変化が明快で、旬を感じることが出来る地域
勇気 新しい価値観を受け入れる勇気をもった地域
遊気 遊び心のある地域
裕気 心に余裕のある生活が実現できる地域
優気 互いを思いやる優しさに包まれた地域

基本計画

基本理念である”ゆうきの里 雲南”を一体的に実現するため、「ものづくり」、「イメージづくり」、「安心づくり」、「人づくり」の4つの柱のもと、以下のように施策を展開する

1.ものづくり[産業の振興]

  • 多面的な農林業の推進
  • 地場産業・商業の振興
  • 多様な就労形態の支援

2.イメージづくり[観光の振興]

  • ふるさと資源を活用した雲南一体の広域観光振興
  • 広域連携事業の推進
  • 情報発信による地域イメージの向上

3.安心づくり[環境・基盤整備]

  • 安らぎと安心のネットワークづくり
  • 雲南をつなぐ情報網の構築
  • 雲南を結ぶ利便性・安全性の高い交通基盤の整備
  • 快適な生活関連施設の整備
  • 地域防災体制の整備
  • 自然環境の保全

4.人づくり[教育・文化の振興]

  • 地域に根ざした学校教育の充実
  • 多様性に富んだ生涯学習活動の展開
  • 特色ある文化・芸術活動の推進
  • 心かようコミュニティ活動の推進
  • 地域を担う人材の育成

雲南地区ふるさと市町村圏計画